妖怪番長というミステリアス越える柴田ヨクサルの作

愛犬しつけ教室プラスわんを犬贔屓としては見逃せないので読んでみたのです。こういう力作、菊田洋之くんが著者で、犬の図式が漫画としてはリアリティ溢れているのが大きな特徴です。それでいて人となりは、敢然と二レベル位をキープしてある店が好感が持てました。上、作成に家族犬の講師を起用しているのが、余計に本物感覚を出してますね。こういう愛犬しつけ教室プラスわんのヒーローはドッグトレーナーのトップクラスを持つ、やがて二十歳の小児で、しかも家出やるという可笑しい最初でした。恋人は住み込みでワンコの援助が出来る仕事場を探しているのです。次いで、急きょボーダーコリーの鳴き中毒を治してほしいというゲストが公演。とても人見知り講じる犬みたいですが、恋人は一瞬で懐かれるという離れ業を見せます。だいたい、犬贔屓って、ワンコ周囲から知るみたいですけどね。普通泊まる部位がなくて、最初の愛犬しつけ教室プラスわんという場所の手前で野宿した恋人泉名結子は、仕方無く下積みとして働けるようになりました。愛犬しつけ教室プラスわんそれでは、普通にホームステイやる犬以外に投げ捨て犬とか引き取り手のいない鳥獣らも引き取っておるという、神業という残余だ。直ちに絡み始めた泉名結子は、大丈夫な顔で犬の糞を片付けして赴き、結構犬贔屓だとわかります。それでも、ようやく波乱の身の回りが始まるのです。これは、どう見ても犬が贔屓ならハマって仕舞う漫画だと思いました。